すごい木

7月27日(水曜日)。
今日は、生駒から木工作家の前野さんご夫妻と、
木材関係のお仕事を、50数年されている西堂さんが来て下さいました。
a0103759_21402075.jpg

「紀伊半島を満喫したい!」とのご要望に、
初日は、中辺路ルートで新宮に到着。
昼食を、新宮の有名店「鹿六」で、鰻を堪能されました。
大勢のお客さんで賑わい、かなり待ったけど美味しかったそうです。

「鹿六」から車で約20分の熊野川から、
「三反帆(さんだんぼ)」の川舟に乗り、
雄大な熊野川を体感されました。

この日は風が無く、
5mもある三枚の帆に、風を受ける事が出来なくて、
エンジンに頼らないと進まなかったようです。

「進まない舟の上で、エンジンをかけずに、
釣りができたらもっと良かったなぁ~。」
なるぼど、船頭の谷上さんに提案してみましょう。

ようやく夕刻、ラズッカに到着され、
生駒から約350キロの旅、お疲れ様でした!

「季の座」の天然温泉にゆっくり入って、
ラ・ズッカのテラスでディナーが始りました。
前野さんの奥様は、浴衣姿が素敵です。

夜遅くまで、食事を楽しみ、
今日一日の、旅の話しを楽しまれました。

次の日、私達も一緒に、
「滝原宮」参拝に行きました。

まず、鳥居のそばにある杉の木を見て、
西堂さんは、「千年は経ってる木やな。すごいなぁ。」
参道を歩いて奥に進むと、「この木もすごい。この木はもっとすごい。」
感動の連続でした。

西堂さんのおっしゃる「すごい木」とは、
幹が真直ぐでは無く、
少しねじれて育っている木です。
写真をよく見て頂くと、
幹が左にねじれているのがわかるでしょ。
a0103759_2141727.jpg

苦労に耐えて、少しづつねじれて大きくなるので、
木の芯がきれいで、芯がしっかりした木に育っているそうです。
「人も木と一緒やで。」と、しみじみおっしゃってました。
自然から学ぶ事は多いですね。

私達も「滝原宮」に参拝でき、
感謝の気持ちで一杯になりました。ありがとうございました。
a0103759_21442020.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-08-25 21:42
<< 夏休み特集 NO.3「ハチ」 夏休み特集 NO.1 >>