<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ミラノ10

1月24日(月)。
ミラノの旅の最終日です。

今回の旅は、とにかく街を歩きました。

一日約5時間はミラノの街を歩きながら、
3年ぶりの、ガラリと変わった街に驚く事が多かったです。

新しく文化的に生まれ変わる街や、
逆に後退する街の様子がよくわかりました。

夜の街を演出するイルミネーションも、
この日、一生に撤去されていましたので、
良いタイミングで行ってたようです。

ミラノから学ぶ事は、
衣食住のオリジナルな商品が素晴らしかったです。

デザイン性、機能性、素材の良さが優れています。

最終日の夜は、
お気に入りのワインバー「カバッランテ」に!

美香さんの、本日のおすすめのワイン、
イタリア北部スイス国境のネッビオーロ「バルテリーナ」は、
ベリーと土とフレッシュ感溢れる美味しいワインでした。

美香さんと、また次回お会いできる事を願って、お店を後にしました。
明日の午前の飛行機で、日本に帰りま~す。
a0103759_2295837.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-27 22:10 | イタリア旅行

ミラノ9

1月23日(日)。今日は、スカラ座から歩いて、
約15分のブレラを散策しました。

ブレラ絵画館や美術学校がある、落ち着いた街です。

日曜日で、ほとんどの店はお休みですが、
洗練されたショーウィンドゥを見ているだけで感動の連続。
a0103759_2245432.jpg

インターナショナルな高級家具、照明、キッチンのショールームが、
このブレラ地区に点在していました。

かと思いきや、学生さんが集うカフェやバールもたくさん出来ています。

今日は、その一軒「モツッアレラ・バー」に行きました。
a0103759_2253292.jpg

お店に入った時間が19時だったので、ちょうどハッピーアワーでした。

ハッピーアワーは、早い時間帯、
カウンターにおつまみがズラリと並び、
バイキング形式で楽しめるシステムです。

お店によって、内容が色々工夫され、
このお店では、パスタやリゾットなどの温かい料理も充実していました。

100人位入るオシヤレな店内は、20時過ぎには満席状態です!

クラブ系のノリ良い音楽がかかり、
若者達は踊ったり、食べたり、しゃべって飲んで、
その楽しい雰囲気を私達も楽しみながら、
看板メニューのモツッアレラサラダと、
大好きなピノ・ネロのワインで満足です!

若者が集える、モダンでオシャレなバール。

イタリアらしくて良かったです。

「モツッアレラ・バー・オビカ」は、東京にも進出しているようですね。
a0103759_228731.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-27 22:06 | イタリア旅行

ミラノ8

「コッツェリア」で、2キロのムール貝のヌケ殻は、こんなにすごい量です。
a0103759_21595087.jpg

サルデーニャ島の白ワインと相性バッチリ。
イカの詰め物のソテーも最高でした!
a0103759_2202325.jpg

美香さんとの出会いで、
なかなか予約の取れない「コッツェリア」に来る事が出来ました。
感謝、感謝です。
[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-27 22:02 | lazuccaよりの便り

ミラノ7

2月22日土曜日。

今日は、昨日出会った美香さんご推薦の「コッツェリア」に来ました。

「コッツェリア」とは、「ムール貝専門店」です。

イタリアには、ピッツェリアとか、ジェラテリア とか専門店が
多くありますが、ミラノで「ムール貝専門店」は貴重ですね。

美香さんから、おすすめメニューまでメモして頂いていたので、
迷わず注文できました。

コッツェのメニューだけでも、20以上ありましたから。

前菜は、サーモンと海老が入ったイカのソテー、
手作り赤玉ねぎのジャムと共に。

パスタは、イワシと松の実とレーズンのサフラン風味のブカッティーニ。

メインのコッツェが、
オレンジとしょうがのコッツェ。

ニンニクとバターのコッツェ。

なんと一人分が1キロです!二人で2キロ食べたけど、
美味しくって全部食べましたよ!

アルミの鍋ごと出てくるのが良いでしょ!
a0103759_2051225.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-26 20:52 | イタリア旅行

ミラノ6

2月22日(金)。ミラノでお気に入りのワインバー「カバッランテ」に来ました!

ここのワインバーも3年ぶりです。

真っ暗な店内は、テーブル、椅子、ワインの棚などが鉄で統一さた、
アーティスティックなワインバーです。

高い天井までずらりとワインが並び、
ワインに囲まれた空間で、好みのワインを自由に選べます。

ワインには値段が表示されていて、
気になるワインを、手に取って吟味できるのが嬉しいです。

ワインバーに、なんと!
日本人の女性が働いていらっしゃいました。

ソムリエの資格を持つ美香さんです。

このお店で働いて1年半だそうですが、
忙しい店内を走り回りながらも、ワインの話で盛り上がります。

「今日選ばれた、ウンブリアのワインは、
1時間くらいかけると美味しくなりますよ。」

おっしゃる通り、みるみる美味しくなるワインでした。

今日は、美香さんとの出会いに乾杯!

明日のディナーは、
美香さんご推薦の「コッツェリア」に行って来ま~す。チャオ!
a0103759_20483499.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-26 20:49 | イタリア旅行

ミラノ5

1月22日(金)。

ファッションの、新たな発信地として注目されるコルソ・コモで、
念願の種屋さんに行き、一安心。

近くのオステリアでちょっと遅めのランチをして、ユニークな雑貨店へ。

キッチン用品や、ステーショナリーグッズ、アロマ、
インテリアグッズ等々が、迷路の様にディスプレーされていて、
探検しながら、お気に入りのグッズを探します!

ひろ~い店内は、元新聞社だったとガイドブックにあり、納得しました。

コルソ・コモの街を歩いていると、雲がプカプカ浮いています。

雲には、やはり照明が仕込まれていて、
夜には、ファンタスティックな街に変身するようです。

ハイセンスなセレクトショップ、オーガニックのエノティカ、
オリジナルな物に溢れた街だから、
ミラノに来たら必ず訪れます。

今日の夜は、お気に入りのワインバーに行きま~す
a0103759_2105287.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-24 21:01 | イタリア旅行

ミラノ 4

1月21日(金)ミラノの旅の一つの目的は、
美味しい有機野菜を提供するために、
ルッコラやズッキーニやハーブの種を買う事です。

写真は、ドゥオーモから北へ約1.7km のコルソ・コモにある種屋さんです。

この種と、大和高原の土から育つ有機野菜は、素晴らしいです!
a0103759_20585445.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-24 20:59 | イタリア旅行

ミラノ3

3年ぶりのミラノに到着して一番感動したのは、
夜のイルミネーションです!

街の通りごとに、統一されたデザインのイルミネーションが、
街全体をドラマテックに演出しています。

ファッションをモチーフにした通りは、
ドレス姿の女性のイルミネーション。
a0103759_16421526.jpg

Tシャツやパンタローネが
連続的につるされている通りのイルミネーションは、
真っ白のLED照明が仕込まれオシャレです。

旧跡はピンク一色に飾られ、
街の噴水や広場にも、
光のオブジェがあり、
寒い冬でも街を歩く人々に、美しく、
心踊るような演出がされているんですね。

さすが、デザインの国イタリア!!
a0103759_1643132.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-23 16:46 | イタリア旅行

ミラノ2

1月20日(木)。ミラノは晴天。

朝10時にホテルを出発して、
ミラノの中心ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)まで、散策しました。
a0103759_065398.jpg

2キロ位を歩くと、3年ぶりのミラノの街の様子がよくわかります。

ファッションブランドが立ち並ぶ「スピーガ通り」は、
老舗のハンドメイドの靴屋さんに、
ずらりとミラネーゼが並んでいます。セールのようです。

家具、照明、食材、キッチン用品、
デザインの素晴らしい商品がウィンドウにディスプレーされていて、
さすが、デザインの街ミラノです。

写真は、ミラノで、ちょっと小腹がすいた時に行くピッツェリアですが、
日本人にはかなりのボリュームです。
a0103759_20182160.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-22 20:18 | イタリア旅行

ミラノから1

奈良のラズッカは、2月1日より営業致します。

その休暇中、1月19日にミラノに到着しました。

一週間滞在するミラノより、トレンド情報をご紹介したいと思いますが、
着いていきなりのハプニングです。

大阪の実家を出発したのが午前10時。
関空からローマ経由でミラノのリナーテ空港に着いてタクシーに乗ったのが午後10時(イタリア時間)。
「こちらの寒さは、大阪と同じやね。」と話ながら、空港からホテルまでタクシーに乗りました。
降りた所が始まりです。

「え~、バックが一つ無い!」。
スーツケースはトランクにあるけど、手持ちバックが一つ無いんです。

直ぐに同じタクシーでリナーテ空港に戻り、探しましたがありません。
幸い大切なパスポート、現金、カードは一切入れていなかったので、
中ば飽きらめて、ホテルの部屋へ。

すると電話が鳴り、
「タクシードライバーだけど、今すぐにフロントに来て!」。
慌てフロントに行くと、その人がいて、
「あなた達が乗ったタクシー乗り場で並んでいたら、
タクシーに乗り込むあなた達が、荷物を一つ積み忘れるのを私が見ていて、
呼び止めたけど聞こえなくて、しかたなく鍵を壊してそのバックを開けたら、
滞在先のホテルとパスポートのコピーがあったから届けられたよ!」と、笑顔で届けてくれたんです。

タクシードライバーさんの優しさに救われました。

イタリアは日本より治安が悪いと言われますが、
こんなに親切なドライバーさんもいますよ。

a0103759_217092.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2011-01-21 21:07 | イタリア旅行