<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏なのにジビエ料理?夏だからジビエ!

6月28日(月)今日はランチの営業を終え、
隣町の大紀町で開催された「鹿フォーラム」 に参加しました。

「鹿フォーラム」って?と思われるでしょうが、
三重県内の山林では、
植林の木の皮や木の芽を鹿が食べて木を枯らしたり、

稲や農作物はもちろん、
「紫陽花のまちづくり」をしている観光地では、
紫陽花を鹿に食べられてしまい、「紫陽花祭り」がなくなったり、
深刻な問題となっています。

このフォーラムは、
県の林業課の呼びかけで、
問題を抱えている林業家、農家、
地元の猟友会、
鹿肉の食肉販売に関わる方達が現状の報告と問題の解決策を、
話し合うフォーラムとなりました。

大紀町の猟師さんは、
「鹿は害獣だけど、命ある生き物なので、大事に食べてもわないと報われない。

食べない害獣は捕らないので、鹿は増えて被害は増す。

そこで、大紀町の猟友会が主体となって、廃校になった七保小学校を活用し、
『野原工房げんき村』を立ち上げた。

地元の元気なおばちゃんが、
地元の野菜を使った『鹿ちゃんコロッケ』や、
猪肉の『ぼたん丼』などを低価格で提供している。
毎週土曜日のみ営業で、県外から来られるお客さんも増え、
300食が午前中に売り切れる人気ぶりだ。」

猟友会の皆さんは、
「この流れを作らないと、大紀町の鹿や猪は減っても隣の町は減らない。」と
体験に基づく貴重なご意見でした!

鼎シェフと私も、げんき村に伺いましたが、
ご近所の方々の、交流サロンとして利用されていて、
廃校になった木造校舎が、現代に生かされ、
なんとも味のある雰囲気を、醸し出していました。
a0103759_2040215.jpg

全体の意見としては、
「鹿を食する習慣を子供の食育の一環として、取り組むべきではないか?」
などの意見が出され、この方向性を検証する事になりました。

ラズッカがなぜこのフォーラムに参加したか?
大紀町のこだわりの猟師中村武さんが参加されていた事と、
県の方から、ラズッカのジビエ料理について、
お話を聞かせ頂ければとの事でした。

鼎シェフは、
猟師の中村武さんとの出会いがあったから、
ジビエ料理を研究しました。

鹿の特性を理解して、料理に生かせるように、
鹿の解体現場から、教えていただきました。

試作・試食会を繰り返し、
ようやく納得のいくジビエ料理がでたプロセスをお話をさせて頂きました。

鹿肉は、鉄分が豚肉の8倍、
イワシに含まれる、DHAとIPAが含まれるなど、
ぜひ、女性に食べて頂きたい料理です。

通常ジビエ料理は、解禁時期の冬の料理ですが、
害獣駆除目的の鹿は、
夏場でも安定供給して頂けますので、
美容と健康、
夏バテ防止に、
ぜひ、夏にラズッカのジビエ料理をリクエスト下さい!!

イタリア直輸入のパンチのあるワインで決まりです!

a0103759_20415466.jpg


(写真上)鹿肉のボロネーゼソースのパスタ
(写真下)鹿肉のローマ風

写真提供 石倉豊生さん
[PR]
by lazucca_kanae | 2010-06-29 20:42 | lazuccaよりの便り

あのシャム猫は?

6月18日金曜日。

紀伊長島は、5日前に梅雨入りしました。
駒田さんの、畑の紫陽花が見事に満開です。
a0103759_2124469.jpg

今日も6時起床。
雨が降りそうだけど、1時間はもちそかなぁ?

天気を気にしながら、ウォーキングに行く事に。
城の浜ビーチもどんよりとした空。

でも、空気はいつものように澄んでいて、
朝の森林浴は最高です!

そんな中を、シャム猫の里親になって下さった、
お姉さんの車が走るのを発見したので、
朝早いけど、訪ねてみたら、
お姉さんに抱かれて、登場してくれました!

痩せ細っていたのに、丸々と太って、とても元気そう。
「さみしがり屋だから、車に乗せて、一緒に行動してるの」とお姉さま。

捨て猫のシャムに「ちびちゃん」と名前をつけて、
大切に、大切に育てて下さっています。

嬉しい限りです。
ありがとうございます。

朝のウォーキングは、出会いと発見があります。

シャム猫のちびちゃんに会うためにも、
ウォーキングを続けたいと思いま~す。

a0103759_21233833.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2010-06-18 21:25 | lazuccaよりの便り

岩牡蠣とカツオ

6/10木曜日。梅雨入り前の晴天です。

紀伊長島の漁師、保紀(やすき)さんが育てた岩牡蠣が
美味しくなってきました。
a0103759_10194261.jpg

身がしまって、グリコーゲンたっぷりの濃厚な味。

力強い岩牡蠣の味に、負けないように、
自家製ベーコンを使ったソースで仕上げます。
a0103759_10202745.jpg

今日は、「紀伊長島の岩牡蠣と、カツオが食べた~い。」と、
奈良のアトリエ・ラ・ズッカの、ご近所さんが来て下さいました。

ラ・ズッカのテラスで、沈む夕日を見ながら「かんぱ~い!」
「奈良は海がないから、海を眺めながら、食事ができるって嬉しいね。」
a0103759_10184817.jpg

カツオのカルパッチョバジリコソース、
岩牡蠣のミラノ風カツレツを本日のおすすめ料理に、

マグロ、きびなご、地ウニ、
地タコ、カサゴ、赤イカなど、
旬の魚を中心に、召し上がって頂きました。

奈良のお客さまの共通は、
とにかく牡蠣とカツオが大好きですね!

最後の〆はカツオで、
イタリアンではなく、

伊勢・志摩名物の「手こね寿し」にしたら、
大ウケでした。

リクエストの際は、
小さな声で、
「最後の〆は、手こね寿し。」とお申し付け下さい。
[PR]
by lazucca_kanae | 2010-06-12 10:22 | lazuccaよりの便り

里親探し

6月3日(木)6時起床。
今日もはりきって、
城の浜ビーチをウォーキングして、

ちょうど駒田さんの畑の前を通りかかった時、
どこからともなく「ミャ~ン。」

「えっ。高明さんネコが泣いてるよ。」と足を止めて、
駒田さんの畑の中を、目を凝らして見渡すと、

白と茶色のシャムネコがこちらを見て、
「ミャ~ン。ミャ~ン。」と私達に語りかけてくるではないですか。

おどろいて、駒田さんに尋ねてみると、
「2~3日前から、家と畑の周辺に居着いてるんだけど、
人慣れしているので、心ない人がわざわざここまで、
ネコを捨てにきたんだろう。」と困った様子でした。
a0103759_21422751.jpg

ラ・ズッカも、ネコを飼えないので、
ネコの里親を探すように、いろいろあたってみますと、
後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。

ネコが大好きなお客さんや、友達に連絡をして、
事情を話しましたが、
捨てネコばっかり、もう5匹も引き取っているとかで、
そう簡単に、シャムネコの里親は見つかりません。

6月6日(日)夜の営業を終えて、
お客さまを見送り、看板の照明を消した所に、
1台の車が来て、ラズッカの前に止まりました。
「もう、お店再開したの?ずっといなかったから寂しかったわぁ。」と、
ご近所に住んでらっしゃるお姉様でした。

「お久しぶりです。再開しましたので、ぜひお越し下さいね。」と私。
そして、捨てられたシャムの話を、お姉様にしている所に、

なんと!

「ミャ~ン。ミャ~ン。」とシャムネコが登場し、
ゴロゴロとお姉様の足にまとわりついて離れません。

「なんかこの猫、私に飼ってくれと言わんばかりのタイミングで登場したね。
長年飼っていた犬が死んだし、私と一緒に帰ろか。車に乗り。」と言って、
ネコを引き取ってくれる事になりました。
まぁ~。なんと気持ちの良いこの決断力。素晴らしい!

「え~~。嬉しい。ホントですか。ありがとうございます。」と感謝、感激。

シャムネコを発見してから3日間。
ようやく、安心して寝る事ができます。

私達も、シャムネコを温かく見守りたいと思いま~す。
[PR]
by lazucca_kanae | 2010-06-07 21:43 | lazuccaよりの便り

三重に戻りました。

6月2日水曜日
三重に戻りました。

朝6時50分、ラズッカから徒歩5分の、
「城の浜ビーチ」の写真です。

空気が澄んでいて、気持ち良くウォーキングしています。

海を眺めながら、どんな魚が水揚げされているか、ワクワクしてきました!

「あ~、カツオが食べたい。」
6月3日~9月23日まで、海のラズッカで営業しています。

ぜひ、熊野灘のお魚イタリアンを食しに、

みなさまお誘い合わせて、お越し下さいね~。
a0103759_20523716.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2010-06-02 20:52 | lazuccaよりの便り