<   2009年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シルバーウィーク2

シルバーウィークは、
連日、大阪からのお客さまが大勢来て下さいました。

横浜の楓ちゃんといっしょに遊んでくれた、
たちばなしおりちゃんご一家です。
a0103759_184644.jpg



三重のラ・ズッカに、4回も来て下さっています。
今回はじめて、おじいちゃんとおばあちゃんも一緒に来て下さいました。
シルバーウィークですものねぇ~。ありがとうございます。

橘さんのパパは、夜中の3時起きで、釣りに行きます。
目の前に、海があるのに寝ていられないそうで、連日釣りに行かれました。

橘さんのママはワイン通で、
ラ・ズッカのお料理と、私達が今年の6月にイタリアで仕入れた、
一番のおすすめワインを片手に、「このキャンティクラシコ大好き!」と
言いながら、家族みんなで食事を楽んでおられました。

おじいちゃんは、とにかく三重のアワビが食べたい!
立派なアワビを召し上がって頂き、今までで一番美味しい!と喜んで頂きました。


しおりちゃんは、ずっとおばあちゃんに遊んでもらって、
おばあちゃんは、ず~っと、しおりちゃんといっしょで、
とても楽しそうでした。おばあちゃん孝行だね。

おじいちゃんとおばあちゃんは、
なんと、奈良の富雄にお住まいなので、
奈良のアトリエ ラ・ズッカまで40分ですよ!
ゴルフでレイクフォレストに行かれた帰りにでも、お越し下さいませ。
[PR]
by lazucca_kanae | 2009-09-28 18:46 | lazuccaよりの便り

シルバーウィーク1

9月19日~23日の5連休「シルバーウィーク」がやってきました。
台風14号の行方が心配でしたが、
進路がそれたので、紀伊長島は秋晴れになりました。

9/20は、はるばる横浜から来て下さった、
楓(かえで)ちゃんご一家です!
a0103759_18441132.jpg



シルバーウィークも大渋滞が予想されている高速道路を、
スムーズに来たとしても、
横浜から休憩を取りながら、5時間はかかると思います。
長旅は大丈夫かなぁと、心配でしたが、
浜名湖で一泊してから、ゆったりスケジュールで、
紀伊長島を目指して頂き、夕方に到着しましたよ~。

楓ちゃんは、1才1カ月の女の子なのに、
車を降りると、ママと手をつなぎ、元気よく走ってきてくれました。

すごいです!1才とは思えない走りっぷり。
長旅の疲れもなんのその。

次の日もラ・ズッカのテラスで朝食の後、パパと一緒に走り回って、
それから、大阪から来て下さっていた、
しおりちゃんと走り回って、ハイチーズ!
子供さん同士は、スグにお友達になれますね。
a0103759_18445183.jpg



この日、楓ちゃんは伊勢神宮にお参りに行って、
横浜に向けて出発しました。
ぜひ、次回は奈良の方へお越し下さいませ。
鼎が、「横浜から三重より、奈良の方が近いかも?」と言ってます。どうでしょうか?
[PR]
by lazucca_kanae | 2009-09-28 18:45 | lazuccaよりの便り

秋ですね

9月に入ったとたんに、秋の風になりました。

9/3今日は一日だけ、奈良のアトリエに帰ってきました。
写真は、アトリエ ラ・ズッカの前の、たんぼの写真です。
秋ですね~。
a0103759_18423246.jpg



この亀井農家さんのこだわりは、
「はざ掛けのお米」を作っている事です。

刈った稲を干すための横木を組んで、
そこに丁寧に、稲の束を掛けていきます。
自然乾燥させながら、逆さまにする事で、
稲に残っている栄養分が米にいくから、美味しいのだそうです。

高齢化と、機械化が進んだ現代では、
一瞬で稲刈りと、脱穀をしてくれる機械に頼っています。

「はざ掛けのお米」が美味しい。と
わかっていても、この手作業の工程を考えると、
なかなかできる事ではありません。

大量生産はできない、この貴重な「はざ掛けのお米」を
頂いている私達は、ほんとうに幸せです。
大阪のトレ・ズッカと、ラ・ズッカのお米が
美味しい理由は、亀井農家さんのご苦労のお陰なんです。
亀ちゃんありがとう~。今年の新米も美味しかったです。
[PR]
by lazucca_kanae | 2009-09-28 18:43 | lazuccaよりの便り

 「お魚が食べた~い!」

8/28土曜日に「お魚が食べた~い!」と言って、
2カ月連続で来て下さった、
近秀樹(こん ひでき)さんとまりさんです。

今回は、森山さんも一緒に来て下さいました。

近さんと、森山さんと、鼎は、
またまた、大芸大出身で~す。

今日のメンバーは全員、お魚大好き、お酒大好き、音楽大好きなので、
食後に、お酒を呑みながら一番盛り上がる話は、
「プロのミュージシャンを目指す、若い人達の話です!」
ジャズピアニストの近さんは、大芸大で教鞭を取られていて、
森山さんも大芸大の講師をされているので、
そんな話になると、あっと言う間に夜中です。

学生達を、音楽業界に売り込むために製作したCDを持参して、
CDを聴いて、イベントの企画のアイデアを出し合ったり、
クリエイティブな、夢のあるお話は尽きないのです。

「9月にお魚食べに来たいけど、これるかなぁ?」と近さん。
近さん、9月はニューヨークなので、ちょっと難しいですねぇ。
ぜひ、10月にお魚を食べに、お越し下さいませ。
a0103759_18402282.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2009-09-28 18:40 | lazuccaよりの便り

日本一短い花火大会?

8/23日曜日ようやく夏の忙しさも、今日で一段落。
いつも、お世話になっている地元の
石倉さんと道畑さんをお招きして、
バーベキューをする事にしました。
a0103759_18393111.jpg



私は個人的に、お寿司が大好きなので、
カルパッチョの残り物のお魚で、
握り寿司にしたり、カツオは手こね寿司にしたりと、
「残り物寿司」が得意です。
a0103759_18363689.jpg



今日は、キハダマグロをタタキにしてバラ寿司を作りました。

バ-ベキュ-が終わり、楽しく盛り上がっていると、
ドカーンと大輪の花火が上がりはじめました。
テラスの正面、目の前に上がるので大迫力です。

そうなんです。今日は「レクリエーション都市協会」主催の
「日本一短い花火大会」の日だったんです。
名前の割には、立派な花火でしたよ!
それで、カメラマンの道畑さんと、
プロ並みの腕を持つ石倉さんをお誘いしました。
a0103759_183879.jpg



写真の提供は、石倉さんです。
[PR]
by lazucca_kanae | 2009-09-28 18:38 | lazuccaよりの便り

8/22大和茶の会

美しい茶畑に囲まれた、
大和高原から来て下さいました、
東出さんご一行さまです。
a0103759_136279.jpg

みなさん、「大和茶」の生産農家さんで、
奈良 アトリエ ラ・ズッカの常連さんです。
今日は、魚料理を食べに、はるばる三重に来て下さいました。

農家さんは、真夏の炎天下でも、真冬の霜が降りる寒い日でも、
朝早くから暗くなるまで、ずっと働いています。
お茶を作っているだけでなく、
お米や、地野菜、お花や、ブルーベリーやりんごなど、
いろんな作物を作られているので、
休む暇もなく、お仕事をされています。

普段、大変な肉体労働をして、
汗をながしている農家さんは、
楽しみ方も半端じゃないです。

遊ぶ時は、仲間といっしょに、
おもいっきり呑んで、
おいしいもん食べて、
大声で豪快に笑って。

こうしてエネルギーを蓄えて、
ものづくりをしているから、
大和高原のお茶も、お野菜も、お米も、
半端じゃないくらい、美味しいんですね。

「大和茶の会」のみなさん~。
奈良のアトリエ ラ・ズッカに帰ったら、
ぜひ、畑におじゃまして、
エネルギーをもらいたいと思いま~す!
[PR]
by lazucca_kanae | 2009-09-14 13:07 | lazuccaよりの便り

スケジュール

7月から12月のスケジュールです。
拡大版は、ホームページのほうにてご覧ください。

a0103759_7381181.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2009-09-10 07:39 | lazuccaよりの便り

感動の出航

8/18の朝、鼎シェフの小中学校時代の同級生の、
堀内さんから「鼎くん、今日のお昼お茶しに行くわぁ~。」と
電話があり、同級生の坂口さんと一緒に、
ラ・ズッカに来て下さいました。

お昼のランチでバタバタしていて、
やっと一息ついてから、
堀内さんと坂口さんのいるテラス席に行くと、
「今日のなぁ、6時に長島港を出発するわぁ~。」
堀内さんは、「光栄丸」というカツオ漁船の漁師さんで、
今日でお盆休みを終えて、三陸沖にむけてカツオ漁に出発すると、
わざわざ挨拶に来て下さったのでした。優しいなぁ~。

a0103759_2047345.jpg



鼎シェフは、何をおいても長島港に行って、
同級生の堀内さんが乗る「光栄丸」を、見送りたいと思いました。

5時45分長島港に到着。
立派な「光栄丸」がいるではないですか。
こんな目の前でカツオ漁船を見るのははじめてです。
カツオの一本釣り用の竿が、船をより輝かせています。

船上では慌ただしく、出航の準備をする漁師さんや、
岸では、見送りに来る家族や友人となごりおしむ漁師さん。

堀内さんを探していると、家族と一緒に車でやって来ました。
「なんや、鼎くん見送りに来てくれたんかい。」とニコニコ笑顔です。
「カツオがいなくなる11月下旬まで長島には帰ってこんけどなぁ、
帰ってきたら、まぁ、一杯呑もうなぁ。」と言って、船に乗り込みました。

そして、6時30分に出発の汽笛が「ボー。ボー。」と鳴り響き、
黒い煙りをモクモクと出して、動き始めました。
乗り組み員22名を乗せた「光栄丸」は、今日から約3ヵ月の漁に出ます。
a0103759_20475111.jpg



別れを嫌がって泣き出す男の子や、
船が見えなくなるまで手を合わせて、無事を祈るおばあちゃんの姿。
船出は、映画のワンシーンのように、さみしくもあり、
カッコよくもあり、込み上げてくるものがありました。

鼎シェフは、カツオの一本釣りの漁師の堀内さんを、
心から尊敬し、「スゴイ!スゴイ!」と繰り返すばかりでした。
[PR]
by lazucca_kanae | 2009-09-08 20:48 | lazuccaよりの便り