十六夜山荘の初釜

1月31日木曜日。
奈良の大和高原は、春を思わす陽射しです。
今日は、ラズッカの斜め前の十六夜山荘で、
初釜の茶会が行われました。

この初釜を楽しみに来てくださったのは、
坂本さんと名越さんです。
a0103759_20345757.jpg

何と前日から、
はるばる伊丹と川西からお越し下さいました。

鼎シェフも私も、お茶に興味はあるものの、
心得はありません。
この機会に、お茶のお稽古を始めたい!と思い、
参加させて頂きました。

11時30分から始まる初釜を、
ドキドキしながら待ち合い室で待っていると。
坂本さんと名越さんが、
「巳年」の絵のお懐紙を見て、
「私達の干支やね。還暦やし、記念の初釜やね。」と話しておられます。

私が、「鼎も今年、巳年の還暦です。」と言いましたら。
「え~!3尾の巳さんだなんて!
とってもおめでたい初釜になるわぁ~。」と、
緊張も吹き飛び、気分が晴れやかになりました。

今日の正客の江見先生も、「こんな偶然はめったにない、
おめでたい初釜です。まさに一期一会ですね。」と、
大変喜んで下さいました!
a0103759_20385174.jpg

点心を頂き、大和高原野菜にこだわった、
季節を大切にしたお料理に皆さんとっても満足。
お椀は大和の雑煮。

一献、そしてお薄席とご案内頂きました。
節分のおたふく茶碗に、おたふくの菓子。

初釜に参加して学んだ事は、
おもてなしのこころ。
日本ならではの四季を大切にするこころ。

私達のお仕事に、
一番大切な事を教えて頂きました。
そして、大和高原の素晴らしさは「素朴」でした。

十六夜山荘の皆様、
初釜にご参加下さった皆様に、
心より感謝申し上げます。
a0103759_20401657.jpg

[PR]
by lazucca_kanae | 2013-02-03 20:41 | lazuccaよりの便り
<< 月ケ瀬の梅林 大雪!  >>