ほんまもんでした!湯の峰温泉!

11月1日月曜日。「湯の峰温泉」に、
研修旅行に行ってきました。

「湯の峰温泉」はラ・ズッカから車で約2時間半、
和歌山県の田辺市本宮町にあります。

本宮町と言えば、
世界遺産に登録された、「熊野本宮大社」が有名ですが、
そこから車で約10分の町が「湯の峰温泉」です。

聖地「熊野本宮大社」での禊ぎ(みそぎ)と共に、
熊野詣の旅の疲れも、湯に流したといわれる、
1800年の歴史、日本最古の温泉です。

「湯の峰温泉」のメインストリートには、
世界遺産に登録された「つぼ湯」があり、

四十九日「つぼ湯」に入って蘇生したという、
「小栗判官(おぐりはんがん)湯治場」として、
有名な物語も、語りつがれています。

「つぼ湯」は、2人位しか入れないので、
30分の時間制限で、みなさん順番に入られていました。

町中に、硫黄のにおいが立ちこめ、
なんと90度の湧き出るお湯ですよ!
湯けむりだけで、蘇りそうです。

この日、宿泊したのは、
「湯の峰温泉」のメインストリートの離れにある、
「湯の峯荘」です。

ここは、夏、ラ・ズッカに来て下さって、
次の日、「湯の峯荘」に宿泊された和田さんが、

「文代ちゃん、お料理が美味しかったし、
温泉も凄いから、ぜひ訪れてみて!」と、
強く、強く、推薦して下さいました。

そして、やっと今日来る事ができました。
a0103759_8581967.jpg

建物はレトロな感じで、えっ!と思いましたが、
一歩足を踏み入れると、清潔感があり、雰囲気が良いです。

「湯の峯荘」の温泉も、90度の源泉かけ流し。ほんまもんの温泉です!

お料理も、どこにでもあるような旅館の料理ではなく、
「美熊野牛の温泉しゃぶしゃぶ」は源泉ならでは。
那智勝浦のマグロのお刺身、熊野川の鮎の塩焼き、
鴨の薫製、野菜の温泉蒸し、美熊野牛のたたき等々、
この地ならではのお料理で、満足でした。

朝食も、温泉茶がゆが優しく、美味しかったです。

温泉に入た時に、コップが置いてあったので、
熱々の源泉を飲んでみたら、
これが程よい塩ッ気が効いていて、
深い味わいのある、スープのようでした。
身体の中から、浄化されそうです。

この温泉(自然の恵み)を、お料理に上手に生かしている所が、
このお宿がほんまもん!温泉もほんまもん!ですね。

「湯の峯荘」に行って、何が一番嬉しかったか?
それは、イタリアには、田舎に行けば、行く程、
おいしいワイナリーや、レストランがあります。

看板もない崖ッぷ地で、「こんな所にレストランあるの?」と、
地図を見ながら、クネクネ走り、気分悪くなりながら、
ようやく目的地に到着すると、
期待以上のワインや、お料理に出会う事ができます。

田舎にこそ、都会にはない、
「ほんまもんのレストラン」があるんですね~。

「湯の峯荘」は、そんなスローフ-ドの国、イタリアを思いました。

東京の一局集中ではなく、
田舎にこそ、ほんまもんがある!

そして、都会で生活する人達が、
田舎にしかない物を求めて、
はるばるやって来る。

「湯の峯荘」にまた行きたいと思います。
とっても良い、研修旅行になりました。

蘇りの地、「熊野」はやっぱりすごかった!


■ラ・ズッカ美食ツアー開催中

日本の秘境・瀞峡(どろきょう)と
湯の峰温泉巡り 2泊3日の旅(4名様~)

一日目 ラ・ズッカ宿泊 お魚イタリアン・ディナー
(旬の真牡蠣、底曵き網の深海魚、尾鷲の海老、等々)
a0103759_21101447.jpg

二日目 ラ・ズッカ朝食
    丸山千枚田を散策、おにぎり弁当、
    瀞峡(どろきょう)ウォータージェット船遊覧、
    湯の峰温泉到着(ここまでの旅程を添乗させて頂きます。)
    この日の宿泊は、もちろん、美食の宿「湯の峯荘」。
    美熊野牛コースがおすすめです!
a0103759_2194262.jpg

詳しくは、「ラ・ズッカ美食ツアー」係りまでお問い合わせ下さい。
0597-46-0377 090-3353-0753 まで。
[PR]
by lazucca_kanae | 2010-11-06 21:13 | lazuccaよりの便り
<< 美食・秘境・秘湯めぐり開催! 秋の味覚は素晴らしい~! >>