鹿肉ジビエカレー

10月に入り、すっかり秋らしくなりました。

10月2日に、名張市総合体育館で開催された、
三重県環境林業部が主催するイベント、
「三重の森林(もり)と木づかいフェア」に
イタリア料理ラ・ズッカとして出店しました。

林業の害獣となっている「鹿」を、
美味しく料理し、
「鹿肉」のイメージを高める目的です。

今回のイベントは、野外テントでの出店で、
その場で調理する事は難しいので、
店で仕込んで行ける、
「鹿肉ジビエカレー」と
「鹿肉赤ワイン煮込み入り揚げPizza」にしました。

もちろん「鹿肉」は、今年の春に出会った、
大紀町のこだわりの猟師、
中村武(たける)さんの鹿肉です。

鹿のロースやフィレ肉は、
鹿1頭から、少量しか取れませんから、
高級食材としてメインディッシュに使います。

残りの大半の部位は筋が多いので、料理方法が限られます。
長時間煮込むと、筋が気にならないので、
「ジビエカレー」と「鹿肉赤ワイン煮込み」は最適です。

写真が鹿肉です。
約100人分の「鹿肉ジビエカレー」を作っています。
a0103759_2293014.jpg

あとは、鹿肉の独特の臭みを、旨味に変える事が、
最大のポイントです。
「ジビエカレー」は何度か作りましたが、
もう少し何かがたりないんです。

そこで、秘密のある物を?
鹿肉といっしょにコトコト煮込むこと十数時間。

う~ん。
ようやく納得の「ジビエカレー」ができました!!
これなら、自身を持っておすすめできます。

10月2日当日は、秋晴れです。
一番に来て下さったお客さまは、
名張市に住むみずきちゃんが、お母さんと来てくれました。

お昼になると、ご飯が間に合わなくなり、
パニックになりながら、
何とか、ほぼ完売しました!!

栄養価の高い、「鹿肉」を一人でも多くの方に、
美味しく召し上がって頂きたいです。
[PR]
by lazucca_kanae | 2010-10-15 22:11 | lazuccaよりの便り
<< なるほど!パワースポットです! 夕焼けがきれいね >>