ピカピカの釣竿

今年のお盆休みにラズッカにお越し頂き、
舟釣で大漁だったナオさんが、

「あのヒラメを釣った時の、手ごたえが忘れられなくて、
この感覚を一人でも多くの人に伝えたい~!」と、

男5人組で大阪から、ラズッカに来て下さいました。

到着と同時に、ピカピカの釣竿がずらりと並び、

「ナオさんをはじめ、皆さん釣の達人ですか?」と尋ねたら、

実は、ナオさん以外の4名さまは、
釣がはじめてだそうです。

ピカピカの釣竿は、ここに来る道中で買われたんですって。だから~。

「ナオさんに、尾鷲の海は素人でも釣れるから。と言って、
連れて来られたんですけど、ホントに釣れるンスかね?」

するとナオさんは、「そら、その時の運やろ!」。

皆さんに責められると、あの釣り名人のナオさんも、
だんだん自身が無くなる様子です。

釣は、行かなきゃわかりませんので、
今日はその前夜祭ですから、ラズッカの料理を楽しんで頂きましょう~。

釣に行く前日が、一番話が盛り上がりますね。
「お盆のように魚が釣れたら、
尾鷲の岩崎魚店さんに、魚を引き取ってもらおう!」
と言う所まで、話が盛り上がりましたよ。みんなで大笑い。

次の日、夜中3時半起床。
5時半に引本港から船は出発しました。

さぁ~。どうなる事でしょう。
a0103759_21175015.jpg

朝の10時になっても、何の連絡もありません。
空の色がだんだん暗くなってきて、
雨雲が一気に広がってきます。

「この時間で連絡ない所をみると、ボウズかなぁ?」と私が言うと、
「それよりも、天気が心配で、ドシャブリになりそうな雲やで。」と鼎シェフ。

とうとう、ドシャブリの雨が降ってきました。

日本一雨の多いこの地域は、
バケツひっくり返しっぱなしの雨なので、
心配になり、港に戻るよう伝えようと連絡するけど、つながりません。

12時前にようやく連絡がつき、
「雨がひどくて港に戻ります。」との事で、
私も軽トラをとばして、引本港に向いました。

この日の豪雨は、軽トラから降りる事ができないくらいです。

皆さんは、待ち合い室で待機されていて、安心しました。

ナオさんが「5人全員が鯖を釣ったよ!」。

「はじめての釣りで凄いじゃないですか~。」と私。

降り続くドシャブリで、昼からの釣りはあきらめて、
本日の釣果は、鯖13尾でした!
ご苦労さまでした。

この日の夜は、釣った鯖をたくさん召し上がって頂きました。
「自分で釣った魚は、本当に美味しいですわぁ~。」
a0103759_21183144.jpg

「釣りは奥が深いね。まず、天候に左右されるし、
今日も昼から行けてたら、大物が釣れたやろうなぁ。」とか、

夜遅くまで、釣りの話は尽きません。

ぜひ、これに懲りず、
これからも「釣」」を、楽しんで頂きたいです。
ピカピカの釣竿も買われた事ですし。

ぜひ、リベンジに、尾鷲の海にお越し下さいませ!
[PR]
by lazucca_kanae | 2010-10-06 21:19 | lazuccaよりの便り
<< 夕焼けがきれいね 愛ちゃんおめでとう!  >>