里親探し

6月3日(木)6時起床。
今日もはりきって、
城の浜ビーチをウォーキングして、

ちょうど駒田さんの畑の前を通りかかった時、
どこからともなく「ミャ~ン。」

「えっ。高明さんネコが泣いてるよ。」と足を止めて、
駒田さんの畑の中を、目を凝らして見渡すと、

白と茶色のシャムネコがこちらを見て、
「ミャ~ン。ミャ~ン。」と私達に語りかけてくるではないですか。

おどろいて、駒田さんに尋ねてみると、
「2~3日前から、家と畑の周辺に居着いてるんだけど、
人慣れしているので、心ない人がわざわざここまで、
ネコを捨てにきたんだろう。」と困った様子でした。
a0103759_21422751.jpg

ラ・ズッカも、ネコを飼えないので、
ネコの里親を探すように、いろいろあたってみますと、
後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。

ネコが大好きなお客さんや、友達に連絡をして、
事情を話しましたが、
捨てネコばっかり、もう5匹も引き取っているとかで、
そう簡単に、シャムネコの里親は見つかりません。

6月6日(日)夜の営業を終えて、
お客さまを見送り、看板の照明を消した所に、
1台の車が来て、ラズッカの前に止まりました。
「もう、お店再開したの?ずっといなかったから寂しかったわぁ。」と、
ご近所に住んでらっしゃるお姉様でした。

「お久しぶりです。再開しましたので、ぜひお越し下さいね。」と私。
そして、捨てられたシャムの話を、お姉様にしている所に、

なんと!

「ミャ~ン。ミャ~ン。」とシャムネコが登場し、
ゴロゴロとお姉様の足にまとわりついて離れません。

「なんかこの猫、私に飼ってくれと言わんばかりのタイミングで登場したね。
長年飼っていた犬が死んだし、私と一緒に帰ろか。車に乗り。」と言って、
ネコを引き取ってくれる事になりました。
まぁ~。なんと気持ちの良いこの決断力。素晴らしい!

「え~~。嬉しい。ホントですか。ありがとうございます。」と感謝、感激。

シャムネコを発見してから3日間。
ようやく、安心して寝る事ができます。

私達も、シャムネコを温かく見守りたいと思いま~す。
[PR]
by lazucca_kanae | 2010-06-07 21:43 | lazuccaよりの便り
<< 岩牡蠣とカツオ 三重に戻りました。 >>